うつ病は気づきにくい病気~早期に改善策をウツ~

苦しそうな女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

気持ちの整理が必要

うつ病の症状は様々です

頭を抱える女性

憂うつな状態が2週間以上続き、体調が悪くなったり、生活に支障が出てくる症状をうつ病といわれています。精神科や心療内科を受診することで診断され、休息と薬物治療が必要となります。回復期に向かうと少しずつ元の生活に戻ることができ、再発予防のためにも中長期的なケアが大切になります。症状は人によりさまざまです。意欲を失ったり思考力が低下するなどの抑うつな気分や、睡眠障害や過食または拒食、ホルモンの異常による倦怠感など身体的な影響が現れる事もあります。中高年になると女性の比率がやや高く、更年期の影響もあり月経不順といった症状も出てきます。気持ちに余裕がなくなることから、なかなか現状の症状がうつ病と関連があると認めたくないと感じる潜在的な患者が多数いるといわれています。

余裕を戻しましょう

うつ病は抗うつ薬の開発により、より副作用の少ないその人に相性の良い治療を行うことができるようになりました。以前は抗うつ薬の効果が表れる前に吐き気や便秘、下痢を訴え、思うように治療がはかどらない人も回復期に向かうと本来の自分を取り戻す余裕が生まれてきます。また、精神科による認知行動療法を用いることにより、否定的な思考を自ら整理し、より柔軟な思考を持つことができるようになります。うつ病は一度克服しても再発する可能性もあり、家族や友人の協力を得て日頃から精神的余裕を持つ習慣が必要になります。また無理をしたり自らを追い込むと本来の自分を取り戻すのに時間が掛かります。頑張りすぎる性格だとしてもストレスに対する強さは人により異なるので性格を治すのではなく、病気として位置づけ前向きに取り組んでいきましょう。