うつ病は気づきにくい病気~早期に改善策をウツ~

苦しそうな女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療機関で治す

支援も受けられます

頭を抱える男性

心の病気は、ひとまとめに「うつ病」と言いましても、人によって様々な症状が起こります。 うつ病の症状を大きく分けますと、心的な症状と体にあらわれる症状の2つに分けられます。 心的な症状ですと、気分が不安になったりマイナス思考になったり、自分を悪い方向へ追い込んでしまうようになります。 体にあらわれる症状ですと、吐き気や頭痛が頻繁に起こるようになったり、不眠症になることもあります。 うつ病を発症しますと、きちんと医師の診断を受けなければ、なかなか完治が難しいです。 ですから、精神科や心療内科などの医療機関へ、受診して頂くことをおすすめします。 うつ病の薬は高額となることもありますので、国民保険や社会保険へ加入されている方は、医療機関を利用することで一般の成人ならば3割負担を受けることができます。 また、更に負担額を減らすことのできる自立支援医療制度を受けることができる場合もありますので、ぜひ気軽に医師へ相談してみて下さい。

正しい治療が受けられます

医療機関でうつ病の治療を受けることによって、経済的な負担を軽減することができる他にも、大きなメリットがあります。 精神科や心療内科では、その道のプロでもある医師が治療を担当します。 安心して治療を任せることができれば心の負担も軽くなりますので、ぜひ利用して頂くことをおすすめします。 うつ病を発症しますと、自分で正しい判断ができなくなる場合もあります。 ですから、その場の自己判断で感情的に行動してしまい、取り返しのつかないことになってしまうケースもあります。 そうなる前に、冷静にアドバイスをしてもらえる医師に相談をすることは、大切なことなのです。 うつ病は自分では気付きにくい場合もありますので、心や体に異常な症状が感じられた場合は、まずは内科へかかってみることも良いです。 内科で診察をした際にうつ病の疑いが考えられる場合には、必要であれば精神科や心療内科へ紹介状をかいてもらうこともできます。 まずは早めに医療機関にかかり、診察を受けることがいちばん大切なことですので、うつ病のサインを見逃さないように心掛けて下さい。